膣縮小手術|手術をせずに膣の悩みを解消する様々な方法

手術をせずに膣の悩みを解消する様々な方法

膣縮小手術

お尻

膣の緩みには様々な原因があります。大きな原因として出産がありますが、それ以外にも単純な加齢による筋肉の衰えといった誰にでも起こり得る原因もあるのです。膣の緩みは、心的ストレスに繋がる場合があります。多くの女性が抱えてしまう悩みなのです。そうした状況を解消するために、膣縮小手術が用いられます。膣縮小手術は特に出産後の女性が好んで行なうことが多い手術となっています。一方で、今後も出産を控えている場合は控えた方が良いとも言われています。
では、気になるその流れについて見ていきましょう。最初に行なうのはカウンセリングです。身体にメスを入れる手術のため、担当医と入念な相談をすることが求められます。また、膣縮小手術には様々な方法が用いられます。数ある方法から最適解を選択するためにも、カウンセリングは非常に重要となります。
カウンセリングが終了すると日付を決定し、実際に手術が行なわれます。その際には、静脈麻酔と局所麻酔が用いられます。基本的には麻酔の効果で眠っている間に手術は終了するようになっています。手術に要する時間は、およそ一時間半とされています。
手術後はある程度のダウンタイムが生じます。ダウンタイムとは、患部が日常生活に影響を与えないレベルまで完全に回復するまでの期間のことを指します。膣縮小手術の際には、手術後に腫れが出ることがあります。ダウンタイムによってそれを解消していきますが、およそ二週間程度で腫れが引くとされています。この期間には個人差があります。このような流れで膣縮小手術は行なわれます。実行に移す際には本当にご自身に必要な手術かどうかじっくり検討されると良いでしょう。